『福祉まるごとコレクション“8.30”』開催の行方

  • 2020.07.11 Saturday
  • 09:53

7月10日(金)19:00〜20:00 会場:鹿児島療院(鹿児島市東開町)

 

中止となった第6回「福祉フェスタinたにやま」の代替を兼ねて企画準備中の『福祉まるごとコレクション“8.30”』のミーティングが行われました。

 

無論、会場の出入り口は解放して換気を良くし、3密を避けるよう座席は広く分散した形式で実施しました。

 

 

本企画は、“高齢者福祉・障がい者福祉・児童福祉・地域福祉”の分野で活動されている団体企業が連携(多職種連携)し、鹿児島市から助成(市民とつくる協働のまち事業)を受け実施するもので、鹿児島市内の5会場での開催を計画しており、現時点で3会場の日程が決まっております。

 

その中で直近となるのが8月30日(日)に鹿児島療院さんで開催予定の“8.30”で、第6回「福祉フェスタinたにやま」実行委員会の皆様にご支援を依頼し、“張り切って準備に取り掛かろう!!”とした矢先に県内各地で新型コロナウイルスの感染拡大が確認され、仕事上の都合でやむを得ず複数のメンバーさんたちがミーティングに参加できなくなり...この現状を踏まえ、企画案について話し合う前に、“開催の是非”を討議することとなりました。

 

まず、会冒頭に現況及び開催のリスク、感染予防対策について確認した後、“開催の是非”について意見交換を行いました。

 

結果、各メンバーの意見を基に設定した“リミット”まで感染状況を静観し、その時点で予定通り開催するか、延期とするか、中止にするかの最終判断を下すこととなりました。

 

開催となった場合、ブース募集&協賛募集は最終判断後に開始予定であるため準備期間がかなり圧縮されますが、できる範囲内で、できることを、できる限り頑張る予定です。

 

また、ガイドラインに基づき感染予防に努め、リスク軽減を図る計画です。

 

リスクを考えると“何もしない”のが最良のマネジメントであることは承知しておりますが、ミーティングの中で参加メンバーから寄せられた“現況下であれば中止も止む無し。でも、こんなご時世だからこそ、少しくらいの楽しみがあっても良いのではないか?”との意見にも一理あると考えます。

 

十分な感染予防対策を施すことが前提ですが、可能性がある限りチャレンジしたいと思います。

 

“リミット”にどのような最終判断が下されるか不透明ですが、開催となった場合は、可能な範囲内で、可能なご支援をお願いします。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ウェブサイトのトラッキング

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM